薬剤師の資格を持つことで病院への転職もあります

現在では院内処方を行っている医療機関が少ない

現在では院内処方を行っている医療機関が少ない : 入院設備を持つ医療機関の場合は転職のチャンスがある : 資格を活かした職に就きたければ、医療機関に特化しているサイトを活用

従来薬剤師の転職先の一つといわれていた病院、現在では院内処方を行っている医療機関が少ないなどからも、他を検討される人も多いのではないでしょうか。
院内処方は医療機関の中で医薬品を処方することを意味するもの、診察を受けに来た患者さんにとって院内処方はその場で治療薬を受け取り帰ることができるメリットがあります。
ただ、医療機関側にとって院内処方は医薬品の在庫を抱える必要があること、治療に使う医薬品には色々な種類があるので、その都度仕入れをしているのでは費用コストが多くかかることになります。
病気の種類および治療薬の種類は多種多彩であること、流行になっている病気に使う医薬品の場合はある程度在庫を持っていても良いのですが、稀な病気の治療薬などの場合、過剰在庫になることも多いといえましょう。
これは他の業種のように在庫を抱えていることが逆に経営の中でのデメリットに繋がることもある、いっそ排除してしまえば過剰在庫などを抱えるリスクを防止できるメリットも出て来ます。
利用頻度が多い医薬品は在庫を抱えていても良い、しかし稀な疾患の治療薬を在庫で抱えれば、処方箋がない限りその医薬品は在庫として残ってしまうことになりますし、だからといって在庫を抱えていなければ稀な疾患の治療薬を患者さんに提供できないなどのデメリットに繋がっていまうわけです。
院内処方は患者さんにとって有難いものではあるけれども、病院側にとっては在庫を抱えるリスクがあるなどからも院内処方から切り替える医療機関も少なくありません。
患者さんは病院で発行された処方箋を受け取り、近所にあるドラッグストアの調剤薬局や調剤薬局専門の薬局に出かけて医薬品を購入する形が一派的になっています。

薬剤師 転職 病院薬剤師求人うさぎ